Tag Archives: SIHH2018

SIHH2018 グルーベル フォルセイ トゥールビヨン 24セカンド コンテンポラン


SIHH2018 グルーベル フォルセイ トゥールビヨン 24セカンド コンテンポラン フルチタンケース

SIHH2018グルーベル フォルセイの実機詳細、第4弾はトゥールビヨン 24セカンド コンテンポラン(Tourbillon 24 Secondes Contemporain)のフルチタンケースバージョンです。
コンテンポラン(Contemporain)はフランス語で近代を表す言葉で、英語のモダン(Modern)に相当し、タイムピースの名前としては近代(芸術)といったニュアンスを表しているようです。
その名の通り、近代芸術のように、トゥールビヨン24セカンドの特徴となっている24秒で一回転する傾斜高速トゥールビヨン自体の立体的な美しさを最大限に表現したタイムピースです。

実はディファレンシャル イクアリティーの実機詳細の記事ですでに登場しており、フォルセイ氏自らがプロトタイプを身に着けてテスト中でした。

こちらは再掲。

拡大すると…

これは新作とは全く別にフォルセイ氏の小粋な演出、ある意味の”サプライズ”として用意されていたもので、事前情報は一切出ていませんでした。
基本的にはディファレンシャル イクアリティーやダブルテンプと同様に、文字盤(正確にはムーブメント地板の文字盤側)を断ち切って作られた空間に心臓部の機構を配置する構造ですが、部品数が多かった2作に比べ、トゥービヨンのみを可視化し、駆動輪列はケースバック側に配することでトゥールビヨンどこにもつながらずケース内で浮いているようなイメージを実現しています。

特徴は軽さ、なんと約70gを実現しています!
たとえが難しいですが、”ほぼG-SHOCKと同じ”であれば伝わるでしょうか?
この軽さの秘密はケースがチタンであることだけではなく、ムーブメント本体もチタンで作られているからです。
ムーブメントをチタンで作った理由は、軽さももちろん大事ですが、主目的は酸化チタンが持つ構造色という特色です。

構造色は時計用語でいうブルースチールと同じ原理で、金属表面に形成された酸化膜表面で反射した光と金属と酸化膜の界面で反射した光が干渉し特定の波長のみ強めるため色が見えるという仕組みです。
これは塗料を使っているわけではなく、構造による光の反射によって色がついているように見えるため構造色と呼ばれます。
環境によって劣化する塗料に比べ被膜の構造が維持されている限り色あせが起きず耐久性が高いこと、酸化膜を均一に作ることができればムラがおきないという利点があります。

一番わかりやすいのはRGケースにブルーオキサイドチタンカラーのモデルでしょう。

実機を拝見したことはありますが、その時は写真が取れなかったので公式の写真を。
実際の印象はより鮮やかな青だったと記憶しています。

地板のパーツ全体が青色のため、ケースバック側も青が主張します。
構造色は酸化被膜が形成されるのであればチタン以外の金属でも出せますが、酸化被膜の強固さと電気化学処理で均一な被膜が作りやすい(印加電圧に依存する被膜厚みを簡単に得られる)という理由でチタンが使われるようです。

フルチタンのほうは”ナチュラルカラー”ということで、自然に形成される酸化被膜のみの色としているようです。
小難しい話はこれぐらいにして、実機の写真を…

トゥールビヨンは一見するとフライング構造ですが、サファイアクリスタルのブリッジにゴールドシャトンで埋め込まれたルビーによって支持されています。
トゥールビヨンの根元には1/6秒(21,600振動/時)までインデックスが刻まれた24秒インデックスが置かれ、その正確さを主張します。

素晴らしい。
ダブルテンプの記事でも書きましたが、針の根本もルビーで支える強固な設計なのも見逃せません。

以前の銀座のイベントでも伺いましたが、トゥールビヨン24セカンドはコンプリケーションのベースにするためにコンパクトに仕上げたそうです。
GMT・永久カレンダー・グランドソヌリと作成されましたが、あえてトゥールビヨンをメインとしたこの作品はそれらに勝るとも劣らない魅力を持っています。