少女の心の腕時計を狙う

少女の心の腕時計を狙う
男性は腕時計の要求は理性的で、専門家が、女性はそれに対して、兎角賭け多く感性の色。その美しいデザインの可否を腕を1筋の独特な風情、それの設計の詳細に呼応するかどうか私のスタイルが好きな女性の気持ち…といえば時計スタイル、乙女心のデザインにきっとポイントで名。それらは必ず多機能が必要が煩雑なデザイン、以上を狙う乙女心、それだけが少女の気持ちを見抜いて、可愛いといい。
ヴァングラム雅宝高級宝石腕時計シリーズVCARO8OW00
ピンクサファイアのモザイクに加えて洒落たリボン飾デザイン、梵グラム雅宝の高級宝石腕時計シリーズのこの時計は所定の位置に何が乙女心を解釈しました。リボンを逆転して表、リボンの方向、小さなバラ金文字盤は浮かぶ。は高定インスピレーションと高級宝石の融合、この量産作品はあまりにも「高嶺の花」、しかし機でそれを少女の娇俏可愛いを表現するのがなくて、女の子たちはあり1番の鑑賞。
ディオールのミニD deディオールRose des Vents新型腕時計
ディオール《時の旅》アニメーションの短編映画
もし雅宝梵グラムの高級宝石腕時計シリーズの実用性が強く、そんなにディオールミニD deディオールRose des ventsの新型腕時計はもっと次のいくつかの地気。お祝いのミニDディオールRose des vents新型腕時計シリーズの誕生は、ディオールを制造して1部の名は『時の旅」の短編アニメ、短編で、化身アニメ小人の創始者DiorさんとVictoireディオールジュエリークリエイティブディレクターのCastellaneは被ってこのモデル。時計の文字盤に一見手描き星の図案は実は搭載のイベントバラコンパスベゼルに囲まれた紋ながら撚り稲穂の装飾も可愛い。またピンク、ピーコックブルーと白真珠母貝のフェイスが似合う、ディオール新型時計はかなり「カワイイ。
ロレックス日誌型シリーズ116200ピンク花图文字盤
ロレックス日誌型シリーズ116200
いつも剛毅丈夫なロレックス、女性の心の心も避けられない運用から粉の色と色鮮やかで美しい花元素。文字盤には「花」の花びらが、费力に费力ずに少女感覚を表現することができる方式。ピンクの花びら、ひとつの桜の舞い落ちるものはありません。文字盤中の花、刺繍上の視覚効果はあります。コーディネートにステンレスカキ式バンド、ロレックスこの腕時計が半分半分少年少女の独特な風格。
イギリスOlivia Burtonブランド腕時計
以上のテーマは乙女心、前回私は皆さんとご紹介したイギリス時計ブランドOlivia Burtonもある資格がここに居る。イングランドでレトロなロマンの基調のこのブランドは、最もよく知られた花はデイジーの腕時計。とても小さい清新な立体デイジーの時計で中央静かに咲く、淡いピンクに固まっている蕊ポインター、乳の白い花びらを代表している時はデイジー抽象的標。この時計は、まるで芝生開放に盛りの菊の花、総思わず摘んで私物化衝動。
イタリアブランドKLASSE14「Volare Rainbow」シリーズの時計
ネオンのようなケースに現れてい色のこの時計イタリアから若い腕時計ブランドKLASSE14、名前のように「OKTO表とRAINBOW」、それもKLASSE14中極』シリーズ。OKTOからインスピレーションというのは架空の仙境、虹色のケース、八角形のケース形状じゃなくで、伝統のイメージの中の少女感が、何分の夢を持って。28ミリの文字盤直径、女子にも適している。黒の比較的にクールまぶしく刺す見える、白いのはもっと少女、夢幻点。
イタリアブランドKLASSE14「Volare Rainbow」シリーズの時計
虹はシリーズの他、KLASSE14も「Volareスカイ空」シリーズ同様に深く女の子の歓心の魅力。

コメント

  1. 〈Louis Vuitton(ルイ ヴィトン)〉や〈KENZO(ケンゾー)〉、〈GIVENCHY(ジバンシィ)〉などといったブランドを抱える世界最大のファッション企業体「LVMH」による買収の噂でファッションシーンの関心を集めている〈Supreme(シュプリーム)〉より、2017年春夏コレクションのティーザービデオが登場。
    そのInstagramに投稿されたビデオ内には、以前からそのリリースが噂されていた〈Supreme〉仕様のニューヨークにおける地下鉄乗車券「MetroCard(メトロカード)」もついに登場。ちなみにその動画と共に投稿されたキャプションの“South Ferry”とは、ニューヨーク・マンハッタン島内の最南端に位置するフェリーの乗船・船積み施設が置かれている一帯の区域のことを指す言葉だ。
    まずはそのニューヨークのリアルな空気感が感じられるそのティザービデオをチェックし、もう間もなく登場するであろう〈Supreme〉の2017年春夏コレクションを引き続き楽しみに待とう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です